記事一覧

マタイによる福音書12:9~14「手を伸ばしなさい」

2019年3月10日、マタイによる福音書12:9~14「手を伸ばしなさい」
安息日の会堂にイエスが入られると、そこに「右手のなえた人」(ルカ6:6)がいました。「イエスはその人に、『手を伸ばしなさい』と言われ」ると、彼の手は完全に萎えていて伸ばそうにも伸ばせない状態であったはずですが、イエスの言葉に応えて恐る恐る手を伸ばしてみると、何と伸ばすことができ、「ほかの手のように良く」なりました。
「わたしの計りごとは必ず成り、わが目的をことごとくなし遂げる」(イザヤ書46:10)。神の言葉は真実で必ず実現するという確かな保証があるので、目に見える現実がどうであろうとも信じることができるのです(ヘブル11:1)。環境が整ってから等とイエスを信じ受け入れることを先延ばしにしていないでしょうか。治ったから信じたのではなく、まず信じたから治ったのです。祈りの手が萎えて、失望の黒雲に覆われていないでしょうか(Ⅰテモテ2:8「きよい手をあげて祈ってほしい」)。神のために奉仕や財を献げる手が萎えていないでしょうか(14:16「あなたがたの手で食物をやりなさい」)。率先して愛する交わりの手が萎えていないでしょうか(ガラテヤ2:9「交わりの手を差し伸べた」)。そんなあなたに、信仰の「手を伸ばしなさい」とイエスは呼びかけておられます。
いつまでも堂々巡りしていないで、勇気を出して前進すべきではないでしょうか。「どうせ自分は駄目だ」と諦めていないで、イエスに大いに期待して信仰の手を伸ばすべきではないでしょうか。「このわたしを信じて、あなたの萎えた○○の手を伸ばしなさい」と語りかけられているのではありませんか。イエスを信じて信仰の手を伸ばすなら、あなたにも驚くべき神のみわざが始まるに違いありません。