記事一覧

マルコによる福音書1:12~13「イエスも誘惑にあわれた」

2019年2月10日、マルコによる福音書1:12~13「イエスも誘惑にあわれた」
①誘惑の時期
イエスの受洗のときに注がれた御霊が、今度は強制的に「イエスを荒野に追いや」りました。するとそこにサタンの誘惑が待っていました。天から聖霊が下り、神の御声が臨んだ直後、いわば霊的に高められ引き上げられた直後のことでした。順境のときこそ要注意です。
②誘惑の本質
十字架による救いを何とか阻止しようと、サタンはイエスを三度誘惑しました。本質は同じで、自分を第一に考えて、神を隅っこに追いやることです(マタイ4:1~11)。そして今もサタンは、イエスを信じて生きようとする者に対して、あの手この手を使って戦いを挑み、御言葉の約束を疑わせ、神を隅っこに追いやらせようとしています。
③誘惑の撃退
イエスは、サタンの誘惑を神の御言葉によって退けられましたが(申命記8:3、6:16、13)、ただ一人で戦われたのではありません。「天使たち」と父なる神の守りがあったからこそ、獣に襲われることなく「四十日のあいだ荒野にいて」、誘惑に勝利できたのです。サタンは一時的に離れ去りましたが、十字架による救いを台無しにしようと、最後の最後まで執拗に誘惑してきました。このサタンの手ごわさを誰よりもよくご存じのイエスは、「わたしに賜わった御名によって彼らを守って下さい」(ヨハネ17:11)と今も祈っておられます。誘惑にあわれ、誘惑に勝利されたイエスだからこそ、私たちの弱さや苦悩に共感でき、的確な助けの手を差し伸べることができるのです(ヘブル4:15、2:18)。