記事一覧

申命記34:1~8「主のしもべの死」

2018年1月13日、申命記34:1~8「主のしもべの死」
モーセに率いられてエジプトを脱出したイスラエルは、不従順のために荒野を40年も放浪しましたが、遂に約束の地の手前まで到達しました。主はピスガの頂からモーセに約束の地を見せられた上で、「あなたはそこへ渡って行くことはできない」と改めて言われました。荒野放浪中、飲み水がないことで民がつぶやくと、「岩に命じて水を出させなさい」と主が言われたのに、「モーセは…つえで岩を二度打」って水を出したため、モーセは約束の地に入れないことを宣告されていました(民数記20:2~13)。考え直して下さるようモーセが主に懇願すると、主は「もう十分だ。このことについては、もう二度とわたしに言ってはならない」(新改訳)と言われました(申命記3:23~28)。「もう二度と聞きたくない」というよりも、「お前はかたくなな民を導くことでこれまで苦労してきたのだから、もう十分だ。ゆっくり休むがよい」という意味なのではないでしょうか。モーセが約束の地に入れなかったのは、さばきというよりも、主のあわれみによるのでしょう。
「主のしもべモーセは主の言葉のとおりに(新改訳「主の命令によって」)モアブの地で死んだ」。モーセの地上での使命が終わったから、「主の命令によって」召されたのであり、それが約束の地の手前であったということです。「主の命令によって」を直訳すると、「主の口によって」となり、ラビは「主の口づけによって」と訳しました。大震災で召された兄弟姉妹たちも、計り知れない主の深い御旨によって地上の使命を終えたので、主は身をかがめて兄弟姉妹に口づけし、ご自分のもとに迎え入れられたと信じ、主の愛の御手にお委ねしましょう。