記事一覧

ヨハネによる福音書1:9~13「光は闇の中に輝いている」

2018年12月16日、ヨハネによる福音書1:9~13「光は闇の中に輝いている」
偽りの光で満ちてはいますが、実は罪のため真っ暗闇である世に、キリストは「すべての人を照らすまことの光」として来臨されました。
「光」の働きの第一は、闇を照らし出すことです。「光にさらされる時、すべてのものは、明らかになる」(エペソ5:13)。御言葉に真に耳を傾け、心の奥底に光を当てられるならば、自分の心の闇、罪深さが見えてくるはずです。人は皆、神に造られ、生かされているにもかかわらず、神を無視して自分勝手に歩んでいます。そのような状態を聖書は「罪」と呼び、そこから様々な悪い行い(不品行、盗み、殺人、姦淫等)や悪い考え(憎しみ、嫉妬、怒り、愚痴等)が出てくるのです(マルコ7:20~23)。
しかし光は罪を照らし出しておしまいではありません。闇は、箒で掃き出すことも、掃除機で吸い取ることもできませんが、たとい一本の蝋燭のような光であっても、光が来れば闇はたちまち追い出されてしまいます。そのように「光」の働きの第二は、闇を一掃することです。罪に汚れ果てた私たち人間の側から聖なる神に近づくすべは全くないので、神の側から私たちに近づいて来て下さいました。それがクリスマスの出来事です。私たち人間と同じ姿をとって降誕されたキリストは、全人類の罪の身代わりとして十字架につけられ、神にさばかれて死なれ、それにより救いを完成されました。キリストは実に死ぬために降誕されたのです。このキリストを「受けいれ…信じ」るなら、心の闇の根源は一掃されて「神の子」とされ、喜びと光にあふれる人生に変えられます。試練や困難に襲われても、キリストが重荷を負って下さるので、雄々しく乗り越えることができます。