記事一覧

ルカによる福音書2:1~7「飼葉おけのキリスト」

2018年12月9日、ルカによる福音書2:1~7「飼葉おけのキリスト」
①客間はいっぱい
生まれ故郷で住民登録するため、ヨセフは身重の妻マリヤを連れてベツレヘムまで行くことになりました。ようやくたどり着いたベツレヘムの宿屋はどこも満員で、彼らは仕方なく家畜小屋で一夜を明かすことにしたその晩、神の御子イエス・キリストが誕生されたのです。神の御子が最もふわさしくない降誕をされたのは、「客間には彼らのいる余地がなかったから」です。これは、イエスの生涯と人間の心を暗示しています。昔も今も人々はイエスを拒絶し、その心の中はこの世の様々な先客で満員状態、イエスの「いる余地」などありません。それでいて心の中はいつも満たされず、様々な行き詰まりがあり、暗い家庭や社会、孤独があります。それらの真の原因は、イエスに「いる余地」を与えない的外れの罪にあります。そんな私たちを救い出すために、イエスはこの世に降誕され、私たちの罪を背負って十字架につけられ、神の怒りとさばきを一身に受けて死ぬことによって、ただ信じるだけで救われる道を開いて下さったのです。
②ベッドは飼葉おけ
「飼葉おけの中に寝かせた」とは、臭く汚れた私たちの心の真っ只中にもイエスは来て下さることのしるしです。また、私たちがどんなに低く弱く惨めに思うときにも、イエスは同じ所まで下って来て、慰め励まして下さることのしるしです。このイエスを信じるなら、家畜小屋以上に汚れた心もきよめられ、その心の中にイエスが宿って、悩み多い人生を共に歩んで下さるのです(マタイ28:20、ヘブル13:5)。