記事一覧

マルコによる福音書1:2~5「荒野で叫ぶ者の声」

2018年11月18日、マルコによる福音書1:2~5「荒野で叫ぶ者の声」
「預言者イザヤの書に…と書いてある」とは、「神の子イエス・キリストの福音」は、旧約聖書の預言の成就だということです。最初の人アダムが罪を犯したときから計画されていた救いで(創世記3:15)、イザヤ他の預言者たちに度々打ち明けられてきました。そうした入念な準備の後にキリストが登場するのですが、その前にバプテスマのヨハネが遣わされ、人々がキリストを信じ受入れる道備えをしました。
ヨハネの中心メッセージは「悔改め(心の方向転換、の意)」でした。心の向きを180度変え、自分中心から神中心に方向転換することです。生まれながらの人間は皆、神に背を向けて生きている罪人です。罪を犯すから罪人なのではなく、生まれながらの罪人だから罪を犯してしまうのです。神に背を向けたまま歩き続けると、神から遠ざかる一方です(マルコ7:21~22)。そのような歩みがいかに人を傷つけ、自分を汚し、神を悲しませてきたかに気づいて、今後は自分中心から神中心に生きていこうと心の向きを180度変えるのが「悔改め」です。そのように神に向かって歩み続けると、神にますます近づき、神と共に歩むようになります。これこそ神に造られた人間の本来あるべき姿です。とは言え、悔い改めだけでは救われません。罪を悔い改めた上でイエスの十字架を信じるから救われるのです(使徒行伝20:21)。
当時、救い主が来られたら、神の選民ユダヤ人は自動的に救われると信じていました。ヨハネはそうした浅薄な期待を打ち砕き、真に心の方向転換をしたなら、「悔改めにふさわしい実を結」ぶはずだ、と語りました(ルカ3:8)。悔い改めの徹底こそ、救いの鍵だからです。