記事一覧

伝道の書12:1~14「すべての人の本分」

2018年9月16日、伝道の書12:1~14「すべての人の本分」
本書は「空(息、の意)の空、空の空、いっさいは空である」(1:2)で始まり、12:8にも「空の空、いっさいは空である」とあり、それらの間に、知恵や知識、快楽や富、権力等をいくら得ても息のようにはかなく空しい体験が満ち満ちています。しかし忘れてならないのは、「日の下で」という語です(1:3他)。「日の下」、すなわち地上のことのみ追求する人生は、結局「空の空」だということです。そして12:1~8は老年についての記述です。老年は冬のように陰鬱で(2節)、腕や足が衰え、背骨は曲がり、歯は抜け、目は遠くなります(3節)。耳は遠くなり、話し声は小さくなり、朝早く目覚め、声に張りがなくなります(4節)。道を歩くのも困難になり、白髪になり、性欲は衰え、遂には死んで墓に葬られます(5~6節)。このような老年になり、「『わたしにはなんの楽しみもない』と言うように」なるなら、地上でいかに多くのものを得たとしても、それこそ「空の空、空の空、いっさいは空」です。
だからこそ著者は、「あなたの若い日に、あなたの造り主を覚えよ」と声高に叫ぶのです。神のかたちに造られた「すべての人の本分」、人間が人間としてなすべき第一のことは、「神を恐れ、その命令を守」って生きることです。ところが人はこの本分から逸脱して、神に背を向けて生きています。この的外れの状態を聖書は「罪」と呼び、これこそが「空の空」の根源なのです。この罪の問題を解決するために御子イエスは来臨され、十字架上で身代わりの死を遂げられました。「先祖伝来の空疎な生活からあがない出されたのは…キリストの尊い血によったのである」(Ⅰペテロ1:18~19)。十字架の血は、私たちを「空疎な生活から」救い出し、意義ある人生へと導き入れて下さるのです。