記事一覧

エズラ記9:1~2「神の恵みを受けた者は」

2018年9月9日、エズラ記9:1~2「神の恵みを受けた者は」
エズラたちの帰国から約4か月、指導者たちが「先だって」異民族と結婚したので、民もそれに倣っていることが明らかになりました。 イスラエルは、全世界に真の神を証しし、神の祝福をもたらすという尊い使命のために選ばれた「宝の民」でした(創世記12:2~3、申命記7:6)。異民族と結婚して悪影響を受けると、それどころではなくなるので、イスラエルは異民族と結婚することを固く禁じられたのです(申命記7:1~5)。バビロン捕囚となったのは、異民族から悪影響を受け、その生き方に倣ったからでした。あわれみ深い神によって回復され、神殿を再建することさえできたのに、またもや同じような罪を犯していることを知らされたエズラは、嘆き悲しみ断食して祈りました。
私たちも同様です。主に選ばれるような価値のない「無きに等しい者(直訳「無い者」)」(Ⅰコリント1:26~29)であるのに、「天地の造られる前から、キリストにあって…選び」(エペソ1:4)、十字架の救いにあずからせて下さいました。にもかかわらず私たちもイスラエル同様、何度も何度も神に背き、御心を傷つけてきました。それでもなお神は「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している」(イザヤ書43:4)と言っておられます。他人が何と言おうと、またあなた自身がどう思おうと、神は「あなたはわたしの大切な宝物」と言っておられるのです。「私は神の宝物」と自分自身に何度も言い、隣人にも「あなたは神の宝物」と言ってみましょう。あなたの生き方は変わるはずです。神にこよなく愛され、大切にされていることが真にわかれば、神を悲しませるような生き方はできなくなるはず、何とか神に喜ばれる生き方をして、神を証ししていきたいと願うはずです。