記事一覧

詩篇3:1~8「しかし主よ」

2018年7月29日、詩篇3:1~8「しかし主よ」
「敵する者…逆らって立つ者が多く」、絶望的状況にあったダビデですが、「しかし主よ」と群がる敵から目を離して主を仰ぎました。四面楚歌における「しかし主よ」という信仰こそ、本篇のいのちであり、困難を打開する鍵です。そして「あなたはわたしを囲む盾、わが栄え、わたしの頭を、もたげてくださるかた」と主への信頼を告白しました。主は敵の攻撃から私を囲むようにして守って下さる「盾」、私の「栄え」を守って下さるお方、私の名誉を回復して下さるお方だ、とダビデは信じていました。さらに「わたしが声をあげて主を呼ばわると、主は…わたしに答えられる」、祈りに答えて下さるお方だ、と信じていました。東西南北を完全に封鎖されたような四面楚歌の中でも、上だけは常に開いていて、主に祈ることができます。祈りこそ最大最高の武器です。ダビデは想像を絶する試練の中でも、夜はすっかり安心して「ふして眠り」、朝はさわやかに「目をさます」ことができました。まさに偉大なる熟睡です。それはひとえに、ダビデが主に全く信頼し、そのダビデを「主が…ささえられるから」でした。
「悪魔はいつも二つのレンズを持っています。一つは凸レンズ、もう一つは凹レンズです。凸レンズをあてるとものが大きく見えます。反対に凹レンズをあてるとものが小さく見えます。悪魔は神さまのほうに凹レンズをあて、神さまを小さく見せます。そして現実の苦しみに凸レンズをあて、それを実際よりも大きく見せます。そしてささやくのです。『お前が信じている神は小さいぞ。今直面している困難はこんなに大きいぞ』と言い、わたしたちの勇気も信仰も砕いてしまいます」(蓮見和男師)。悪魔の策略に引っかかっていませんか。