記事一覧

エズラ記6:1~22「神の命令により完成した」

2018年7月22日、エズラ記6:1~22「神の命令により完成した」
州知事からの問い合わせに対してダリヨス王は、早速部下に「古文書をおさめてある書庫を調べさせたところ」、ユダヤ人の主張が事実であることが判明したので、神殿再建工事を妨害してはならないこと等を命じました。ユダヤ人は神とその言葉を信じて帰国し、神殿再建工事に立ち上がったものの、試練と困難の連続でしたが、遂に神殿を建て上げました。「イスラエルの神の命令」があったからです。
創世記後半に登場するヨセフは、若き日に見た神の約束は一体どうなってしまったのかと疑いたくなるような波乱万丈の生涯でした。しかしヨセフに対する神の約束は、時満ちてことごとく実現しました(創世記 第37章以下)。「わが口から出る言葉も、むなしくわたしに帰らない。わたしの喜ぶところのことをなし、わたしが命じ送った事を果す」(イザヤ書55:11)。神が一度語られた言葉は空しく地に落ちることはありません。神が語られた以上は間違いなく成就するのです。
ユダヤ人同様、神とその言葉に従って一歩踏み出しても、約束の実現までには山あり谷あり、紆余曲折がつきものです。家族の救いにしても伝道の前進にしても思いどおりにいかないことの連続で、失望の種は尽きません。しかし失望落胆していたユダヤ人が預言者と神の言葉、神の目によって再び立ち上がったように、私たちも失望落胆、意気消沈して下ばかり向いていないで、その何倍も神とその言葉に信頼し期待しようではありませんか。神の言葉が共にあり、神の目が注がれている限り、いつか必ず祝福され、豊かに実を結ぶ日を迎えるはずだからです(詩篇1:1~3)。「もう少しの祈り、もう少しの信仰、もう少しの忍耐、そうすれば答えは必ず来る」(ジョージ・ミュラー)。