記事一覧

ハガイ書2:1~9「勇気を出せ、恐れるな」

2018年5月27日、ハガイ書2:1~9「勇気を出せ、恐れるな」
神殿再建工事再開から約1か月後、仮庵の祭の最終日、収穫が乏しかったことや(1:10~11)、壮麗なソロモン神殿と比べて再建中の神殿は「無にひとしい」ことで失望落胆する民に、再び主の言葉が臨みました。「勇気を出せ(新改訳「強くあれ」)」と三度も繰り返し語られました。
それは第一に、「わたしはあなたがたと共にいる」からです(4~5節)。時々共にいるのではありません。「エジプトから出た時」以来ずっと共におられました。紅海渡渉やエリコ攻略、バビロン捕囚からの解放他、主が共におられなければ不可能なことばかりでした。失望落胆する民に主は「わたしはあなたがたと共にいる」という約束をもう一度思い起こさせられました。第二に、全世界が揺り動かされ、諸国民が真の神を認めるようになり、財宝を献げ、その財宝が神殿に満ちるようになるからです(6~8節)。事実この直後、ダリヨス王の命令で十分な道具や資材、資金が届けられました(エズラ記6:6~15)。第三に、「主の家の後の栄光(再建中の神殿の栄光)は、前の栄光(ソロモン神殿の栄光)よりも大きい」から、「この所に繁栄を与える」からです(9節)。事実、「宮よりも大いなる」(マタイ12:6)御子イエスが神殿に来られました。
人間的には無に等しいとしか見えない神殿でも、主の目にはそうではありませんでした。主のご計画は私たちの想像をはるかに超えて進められていきます。この主の御力を忘れ、厳しい現実に目を奪われて不安でいっぱいになったり、失望落胆したり、諦めたりしてはいませんか。そんな私たちに主は、「わたしはあなたがたと共にいる」から大丈夫だ、「後の栄光は、前の栄光よりも大きい…わたしはこの所に繁栄を与える」から、「勇気を出せ」と励まして下さるのです。