記事一覧

ハガイ書1:12~15「奮い立って仕事に取りかかる」

2018年5月13日、ハガイ書1:12~15「奮い立って仕事に取りかかる」
①民は恐れかしこんだ(12節)
信仰はまず御言葉を聞くことから始まります(ローマ10:17)。御言葉を聞かなければ何も始まらないので、毎週の礼拝・祈祷会、毎日の静思の時を大切にしましょう。「民は、その神、主の声と、その神、主のつかわされた預言者ハガイの言葉とに聞きしたがい」ました(サムエル記上3:9)。「あなたがたの歩みをよく考えよ」と迫られた民は、空回り人生の根本原因は優先順位の狂いにあることを素直に認め、今後は御言葉に聞き従っていく決断をし、「主の前に恐れかしこ」みました。
②主は共にいると言われた(13節)
御言葉に「聞きしたがい…主の前に恐れかしこんだ」民に対して、主は「わたしはあなたがたと共にいる」と言われました。この臨在の約束は、民にとって、どんな大国の援助や協力よりもはるかに頼もしいものでした。私たちにも「見よ、わたしは世の終りまで、いつもあなたがたと共にいるのである」(マタイ28:20)という約束があります。
③主は振り動かされた(14~15節)
臨在の約束をもって励まされた「主は…総督ゼルバベルの心と…大祭司ヨシュアの心…すべての民の心を、振り動かされ(エズラ記1:1、5「感動された」と同語)」、約16年も中断していた神殿再建工事を再開させられました。厳しい事情は少しも変わっていませんが、民の心が変わったのです。御言葉から離れ、優先順位を誤って目先の現象だけを追っていると、私たちは間違いなく失望落胆します。しかし御言葉に耳を傾けるならば、主が共におられることを確信でき、「心を、振り動かされ」、信仰と希望に再び立ち上がることができるのです。