記事一覧

エズラ記4:1~24「親切そうに見えて実は」

2018年4月22日、エズラ記4:1~24「親切そうに見えて実は」
「ユダとベニヤミンの敵(サマリヤ人)」が「われわれも、あなたがたと一緒にこれを建てさせてください。われわれはあなたがたと同じく、あなたがたの神を礼拝します…」と神殿再建工事への協力を申し出ました。猫の手も借りたいのが実情でしたが、断固拒絶しました。先祖たちが犯した偶像崇拝の道に再び陥る危険性が大であったからです。すると敵は本性を現し、脅迫や嫌がらせ、役人買収によって妨害したため、16年間も工事を中断せざるを得なくなりました。
このときの敵の手口は、悪魔がよく使う手口でもあります。「光の天使に擬装」して忍び寄り、言葉巧みにささやくかと思えば、「ほえたけるししのように」牙をむいて襲いかかることもあります(Ⅱコリント11:14、Ⅰペテロ5:8)。この悪魔の餌食にならないためにも、イエスにつながり続け、御言葉を聞き続けることにより、正しく判別する力を与えられる必要があります(ヨハネ10:2~5)。また私たちは、真に頼り得る神に頼らないで、目先の時計人間的な知恵や方策に飛びつきやすく、せっかくの神の出番を奪ってしまいやすいのではないでしょうか。「あなたがたは鼻から息の出入りする人に、たよることをやめよ」(イザヤ2:22)。さらに悪魔は、私たちに失望の火矢を打ち込んできます。今の時代、目の前の現実だけ見つめると、それこそ失望の連続です。しかしだからこそ、神に期待し、諦めないで祈り続けたいものです。
私たちは常に選択と決断を迫られています。自分の欲や一時の感情に従って選択すると、やがて問題が生じるものです。このときのユダヤ人のように、神とその御言葉に堅く立った選択をしたいものです。たとえ遠回りしたように見えても、それが祝福の道なのです。