記事一覧

ゼパニヤ書3:9~20「主は救いの勇士」

2018年4月8日、ゼパニヤ書3:9~20「主は救いの勇士」
南王国は当時、堕落の極みにあり、やがて神の厳しいさばきが下されようとしているにもかかわらず、預言者ゼパニヤは「喜び歌え…喜び呼ばわれ…心のかぎり喜び楽しめ」と繰り返し命じました。それは、神に背く者を「主は取り去り…追い払われ」、神を畏れる「残りの者」の「うちにいまし、勇士であって、勝利を与えられる」からです。
また、「地は変り、山は海の真中に移る…その水は鳴りとどろき、あわだつ…そのさわぎによって山は震え動く」ような激しい試練の中で詩人は、「神はわれらの避け所また力…悩める時のいと近き助け…神がその中におられるので、都はゆるがない。神は朝はやく、これを助けられる」ということをまざまざと体験しました(詩篇 第46篇)。
私たちもこの神を人生の味方とすることができたら、どんなに幸いでしょうか。イエスの十字架を信じて罪赦されると、この神が共に歩み、味方となって下さる幸いな人生が始まります。試練や困難に直面することがあっても、「あなたの神、主はあなたのうちにいまし、勇士であって、勝利を与えられる」。この約束を信じて神に信頼するならば、やがて「わたしはあなたから悩みを取り去る。あなたは恥を受けることはない」ということになるでしょう。しかし、神以外のものに重心を置くと、いざというとき脆くも崩れ去るものです。
今年度、祈ったとおり期待したとおりになかなか事が進まず、失望することが多いかもしれません。しかし「あなたの神、主はあなたのうちにいまし、勇士であって、勝利を与えられる」「神がその中におられるので、都はゆるがない。神は朝はやく、これを助けられる」という約束の御言葉を思い起こし、この神に大いに期待しましょう。