記事一覧

ルカによる福音書19:41~48「イエスの涙」

2018年3月25日、ルカによる福音書19:41~48「イエスの涙」
イエスがエルサレムに入城されると聞いた人々は、遂にイスラエルがローマの支配下から解放される時が来たと考えて大歓迎しました(37~38節)。それと対照的にイエスは「いよいよ都の近くにきて、それが見えたとき、そのために泣」かれました。エルサレムは神との「平和をもたらす道を知」らないから、否、知ろうとしないからです。生まれながらの人間は皆、罪のため神と敵対関係にあり、「神の怒りを、自分の身に積んでいる」存在です(ローマ2:5)。「キリストは、時いたって、不信心な者たちのために死んで」(ローマ5:6)、救いの道を開くためにエルサレムに入城されたのです。イエスは、神との「平和をもたらす道」そのものであるのに(ヨハネ14:6)、人々は誤解したり拒絶したりしました。そんなかたくなな心に対してイエスは涙されたのです。
さらにイエスは、エルサレムが包囲攻撃されて徹底的に破壊されることを予告されました(70年のローマ軍侵攻により実現)。エルサレムに臨もうとしている悲惨な未来のゆえにイエスは涙されたのです。「自業自得、自己責任」と切り捨てられても仕方ないエルサレムでしたが、イエスはエルサレムのために涙されました。否、そのようなエルサレムだからこそ、「いよいよ都の近くにきて、それが見えたとき、そのために泣いて言われた」のです。パウロも「キリストの十字架に敵対して歩いている者が多いから…涙を流して語」りました(ピリピ3:18)。
あなたの日々の歩みは、イエスの喜びの対象でしょうか、それとも涙の対象でしょうか。イエスの涙を無にして永遠に後悔することのないよう、信仰の決断を今しましょう。人々のために泣くイエスやパウロの涙を与えていただいて福音を証しする者とされましょう。