記事一覧

エズラ記3:1~7「まず祭壇を築いた」

2018年3月11日、エズラ記3:1~7「まず祭壇を築いた」
祖国に帰還した民は、「七月(太陽暦の9~10月)になって、民はひとりのようにエルサレムに集ま」り、「祭壇を築い」て「燔祭をささげ…仮庵の祭を行い」ました。城壁も破壊されたままの無防備な状況での礼拝は危険で、事実、神殿再建工事を始めると敵の妨害に遭います(次章)。しかしそのような危険や恐れがあったからこそ、民は何よりも礼拝して神の守りを祈り求めずにはいられなかったのです。神の民としての再出発を意義あるものとするためにも、礼拝を渇望し、supreme 激安礼拝する神殿の再建を必要としたのです。ノア、アブラハム、イサク、ヤコブ他もまず祭壇を築きました(創世記8:20、12:7、13:4、26:25、33:20)。
このように何よりもまず神を礼拝して再出発した民でしたが、かつてはそうではありませんでした。安息日を形式的に守るだけで、頭の中にあるのは「神」ではなく「金」でした。真心からなる礼拝を失い、罪に罪を重ねた刈り取りがバビロン捕囚であり、その捕囚から解放された民が真っ先に回復したものが礼拝でした。
「人がなし得る最高の行為は礼拝である」(バックストン師)。礼拝という最高の行為をしている今、喜びと感謝にあふれているでしょうか。聖書中、神の民はしばしば羊にたとえられ、中でも特に迷い出た羊として描かれています。「羊のように迷って、sanndaru激安おのおの自分の道に向かって行った」(イザヤ書53:6)人間に真の神を教え、神のもとに連れ戻すために来臨されたのが御子イエスです。この私を愛し、罪を贖うために死なれた十字架のイエスを仰ぐとき、「われらを造られたものは主であって、われらは主のものである。われらはその民、その牧の羊である」(詩篇100:3)と告白し、心から喜んで礼拝するはずです。